2018年02月07日

イベント情報

セキセイインコとオカメインコのふるさと、オーストラリア。
私もゆずちゃん・あんずちゃん(オカメインコ)、小梅ちゃん・アクアちゃん・チロルちゃん(セキセイインコ)のご家族たちとご一緒に、3年前に見てきました。
その時にお世話になったガイドさんが、3月11日に谷津干潟自然観察センターで講演をされます。詳しくはこちら:
http://www.seibu-la.co.jp/yatsuhigata/event/20180124123708.html

谷津干潟は、シベリアなどの北国とオーストラリアなどの南の国を往来する渡り鳥の休憩所。冬もここで越冬する鳥たちに会うことができます。
私が初めてシギチドリ調査(左にリンクがあります)に参加した際にご指導をいただいた場所でもあります。

講演と講演会場、ひと粒で二度おいしいこの機会にぜひお出かけください。

ニックネーム eri at 17:37| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

ナミビアの動物とルイボスティー会(終了しました)

南アフリカのルイボスティーを飲みながら、昨年夏に
ナミビアで出会った動物たちと周辺の環境をご紹介します。
特にコザクラインコについてお話できればと思っています。
ご興味のあるかたは診療時か電話にてお声かけください。

とき  1月30日(火)13時00分〜14時00分
ところ 当院診察室
対象  当院をご利用の成人のかた
持ち物 マイカップ

電話の場合、ルイボス会希望の旨とご家族番号とお名前をささっと教えてくださいね。

(1/30 こちらにコザクラインコの写真を掲載しました。)
ニックネーム eri at 12:00| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月11日

2月の受付・診療時間変更のお知らせ

1月後半の臨時休診は、現段階でありません。

2月の臨時休診および臨時受付は現段階で下記の通りです:
2月13・15・16・22日:休診

また、現段階でのそれ以降の臨時休診は下記のとおりです:
3月16日、29日:休診
5月1日:休診
6月7日:午後のみ受付診療(予定)

変更時はこちらでお知らせいたします。
ご協力よろしくお願いいたします。

*初めてのご利用を検討中のかたはこちらもお読みください:閉院準備について

2017年12月31日

2017年もありがとうございました (2018.1.30.画像追加しました)

毎年、動物種の総計で締めておりましたが、
今年から集計をしていません…
おそらくはセキセイインコがまたトップです。
18年間多くの子に出会えているチンチラも
変わらず多数お見えですが、
今年は開院当初から拝見していたご長寿さんたちに
多くのお迎えが舞い降りました。
15歳から17歳、しずかでしあわせなお迎えばかりでした。

獣医師は、アレルギーのある哺乳類の受け入れを
大幅に減らさせていただき体調管理がしやすくなってきた矢先、
代わりに出てきた食物のアレルギーに翻弄された一年でした。
美味しいものを目の前にして食べられないのはストレス。
食べすぎで体調不良の動物さんからは、
ゴハンは見えないところにしまいましょう。

そんな獣医師がマスクに眼鏡を要した相棒:営業部の片腕つぶも、
だっこちゃん部長にすべてを託していってしまいました。
みなさまが彼との思い出話をたくさんしてくださり、
獣医師は非情なくらい(?)元気を維持できました。
残された15歳のだっこちゃんは、ますますパワフルに営業中です。

そんなだっこちゃん=コザクラインコの生息地を観察に、
今年はナミビアへ行ってきました。
数日いるだけで皮膚が驚くほど乾燥して指紋認証されなくなる環境。
日の入りとともにねぐらにぽすっと入り、翌朝日の出とともに
飛び出してひとしきり遊び、ウォーミングアップが終わると
食事場へと発ってゆくコザクラの小群を見ました。
また、北海道十勝地方では、日本のチンチラ?と勝手に思っている
ナキウサギに出会うことができました。
どんどん減ってゆく特異な環境でたくましく生きる姿でした。
後日恒例の「残念な写真」を掲載したいと思います。
(→1/30 掲載しました。最下行をご覧ください。)

そして以前から気になっていた重油汚染水鳥救護研修を
やっと受講してくることができました。
野鳥の調査や自然観察会では、患者さまのご家族が
何人か常連化してくださり、とても心強く思っています。
自分に合った、動物とのかかわりを続けています。



ご家族とともに、長ーい時間をかけて
その子の成長を、老いを、お迎えが来るのを見守ってゆけることは、
本当にしあわせなことだなあと思います。
自分の一番やりたかった診療を本当にさせていただいてるんだ!と
ここまで続けてきたからわかります。
まだすこし、ご一緒に見送らせてもらうことのできる子たちがいます。
感謝がだぼだぼあふれながら、診療させていただいています。

相変わらず細ーいですが、19年目も同じ体制でやってゆこうと思います。
定期的にお見えのかたには今後のこともお話していますが、
当院の閉院は、往診病院として当院が生まれて丸20年となる
2019年4月の予定です
(ブログで毎年末カウントしているのは診療所誕生の
2000年1月からなのですが)。

ということで、誕生18年と9か月、診療所スタート18年、
たいせつにしていただき、ありがとうございました。
来年も、いままでどおり、よろしくお願いいたします。

(新たにお越しいただくにはもはや不向きの病院となってしまいました。
ご検討いただきましたかたには、ありがとうございました、そして
どうぞ素敵な病院と出会ってください。)

ナミビア・ダマラランドで出会ったコザクラインコ
ニックネーム eri at 23:59| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月29日

第13回ちんちら談話会開催のお知らせ(終了しました)→当日の様子掲載(12/29)

第13回ちんちら談話会を下記のとおり開催いたします。

とき  2017年12月29日 12時より(15時終了予定)
ところ eriどうぶつ病院診察室
対象  当院を利用されたことがあり、チンチラと暮らしている
    あるいは暮らされたご経験のあるかた(成人)と、
    健康なチンチラさん
テーマ 「ベテランチラーとして
     全チンチラーにこれだけは伝えたいアドバイス」

ご興味のあるかたは診療時にお声掛けくださいね。
お電話の場合は、手短にご家族番号とお名前、参加人数をお願いいたします。
当日チンチラさんの健康診断、尿検査、便検査をご希望の場合はその旨もお知らせください。
ただし、検査のみの場合お薬の処方はできません。

今回も「ボーネンちら談」と称して年末に開催いたします。
みんなで食べたいヒト用ランチかおやつをご持参ください。
参加人数は追ってお知らせいたします。

今回もしくは次回が最終回となります。
テーマに沿ったネタを奮って喋りにいらしてください!

当日の様子はこちら
ニックネーム eri at 00:00| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月25日

オマキトカゲ生後半年経過

パンダ(ソロモンオマキトカゲ)が21日に生後半年を迎えました。
両親のいずれとも仲良くよりそうこともあり、
一頭でいることもあり、
そして母親樅の狂暴性も皆無となり、
三頭気ままに過ごしています。
PC214972.JPGPC214973.JPGPC214978.JPG
上野のパンダ同様、安定した成長を見せてくれています。
成長記録
ニックネーム eri at 21:21| 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月21日

第13回ちんちら談話会人数のお知らせ

第13回ちんちら談話会は
ヒト10人
チンチラ1〜3頭
です。
ヒト用ランチかおやつを、お持ちくださいね(過剰包装厳禁です!)。
遠方からお見えになるご家族が複数あり、また、
高齢チラ様がお見えの予定ですので、原則時間の延長はありません!
テーマ「ベテランチラーとして全チンチラーに
これだけは伝えたいアドバイス」をメモメモしてお持ちいただけると、
時間切れでお伺いできなくても見せていただけるので嬉しいです。
お飲み物は、ナミビア土産のルイボスティーと、
飲めないかたのために緑茶をご用意する予定です。
東京・埼玉からのかたはマイカップご持参のご協力をお願いいたします。
ニックネーム eri at 12:06| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「n"eri"歩き」 開催します(終了しました)

練り歩きましょう、練馬を、eriと。
・・・つまりただのお散歩です。

とき  12月25日(月)8時30分〜10時(予定)
ところ eriどうぶつ病院周辺の緑地
服装  日頃お散歩する格好
持ち物 双眼鏡、雨具、お好みでカメラやメモ帳
資格  お散歩中のすべてのことに責任を持てる成人
    (保険に加入しません)

何人かのかたと口約束をしていた自然観察(お散歩)イベントの第6回を開催します。
紅葉が日本一きれいだと思っているお気に入りの場所も、枝先を彩るのが小鳥たちに替わってきました。
うんと近い、練馬の冬鳥たちを楽しみましょう。
興味のあるかたは本日午後か、23日の15〜16時に電話で、
ご家族番号とお名前と「neri歩き出るよ」と車を使うかのみ
お知らせください。車は先着2台です。
集合場所は参加者により変動しますのでその時お伝えします。

第1回の様子はこちらをご覧ください
第2回の様子はこちらをご覧ください
第3回の様子はこちらをご覧ください
第4回で遭遇した鳥はこちらをご覧ください
第5回で遭遇した鳥はこちらをご覧ください

当日確認できた鳥はこちら:

ムクドリ シロハラ ヒヨドリ シメ シジュウカラ コゲラ メジロ ツグミ キセキレイ カワラヒワ キジバト ウグイス オナガ スズメ ハクセキレイ ハシブトガラス ハシボソガラス エナガ カルガモ コガモ コサギ セグロセキレイ マガモ タシギ ドバト ジョウビタキ
ニックネーム eri at 11:54| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月15日

バードフード届きました&次回注文のお知らせ

先日注文分のフード

ハリソン アダルトライフタイム ファイン&スーパーファイン
ラウディブッシュ AA APD AK AL AR
と、おもちゃの一部

のご用意が出来ました。
ご注文いただいたかたは、電話連絡の上お越しくださいね。
一週間以上いらっしゃれない場合もその旨早急にご連絡ください。
(次回のご予約を頂いているかたは不要です。)


尚、お取り置き期間は下記のとおりです。ご注意ください。

まず、こちらで到着をお知らせしてから一週間以内に
必ず電話連絡をお願いいたします

ご連絡いただいたものは、その際にお知らせ頂いた日時まで
(お支払済であれば一ヶ月以内、お支払がまだのものは一週間以内)
お取り置き致します。
一週間を過ぎてもご連絡がない場合、お支払がまだでもお支払済でも、
他のかたからのご希望があった際には販売してしまいます。
ただし、お支払が無効になるわけではなく、
次回の注文時に改めて注文していただきます。

次回まとめ注文は3月中旬を予定しています。
在庫を確認の上、3月13日(火)までにお知らせをお願いいたします。
この次は3ヵ月後の6月中旬を予定しています。

今後3ヵ月ごとの注文を予定していますが、
ご利用いただいている皆様のご意見によって、
まとめ注文の間隔は今後も変更する場合がございます。
ご注文時に感触を獣医師に教えていただけると参考になります。
また、ご要望に応じて注文を変動させていただく場合もございますので、
定期的に瓦版のチェックのご協力をお願いいたします。

取扱商品と価格につきましては、
バーズグルーミングショップさんをご参照ください。
こちらから直接購入されることも可能ですが、
当院で療法食をご利用のかたに定期的に取り寄せているため
まとめ注文に便乗していただけると大変助かります。

*当院を初めてご利用検討中のかたはこちらもお読みください:閉院準備について

ニックネーム eri at 12:30| バードフード注文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月07日

eriどうぶつ病院の秋〜爬虫類編

寒いです(今日は暖かかったけど)。

でも、爬虫類温室の中はホカホカです。
ソロモンオマキトカゲのパンダは11月21日に5か月齢を迎えます。
父親の柊とも母親の樅とも仲良くしています。
はたして彼らは父子の関係がわかるのでしょうか、それとも
同種ならみんな親しいのでしょうか。
もう一度ソロモン諸島へ行きたいところです……。

サハラトゲオアガマたちも、変わらず元気いっぱい。
土筆の人間ウォッチングの趣味は健在。
アロエの寝坊ぶりも健在で、お昼過ぎにやっと起きてきます。
ど派手なくせにちょっとシャイなタンポポも発情期が過ぎて
だいぶ落ち着いています。

寒くなり(神輿が)土に潜りはじめると
全員箱詰めにして冬眠させていたホルスフィールドリクガメの
柚子、神輿、桂花も、今年からは自由に冬を過ごしてもらうことにしました。
屋外での生活と変わらず、しかし雨雪はしのげるように、
屋内に8畳のリクガメスペースを作ることにしました。
昨年までは診察室に温室を設けていた子ガメたちも一緒です。
PA154616.JPG10月中旬、製作中の写真ですが、すでに12頭全員が闊歩。
PA164617.JPG男子部屋と女子部屋に各々1か所ずつ保温コーナーと、
冬眠したくなった子用のプランターが設置してあります。
事務室兼物置となっていたスペースを改装し、
自分もこの中で事務仕事を行うことに!
今まで以上に効率が上がることでしょう。
そんな中、神輿と金環2号(通称金二)は、
昨日11月6日に土の中へ消えました。
次に会えるのは春でしょうか。
診察室はちょっとさびしくなりますが、お許しください。

ヒョウモントカゲモドキのはぶみ(はーちゃん)も、
45p水槽から60p水槽へ住居を拡大しました。
以前に子ガメたちが使用していたものの一つを再利用。
今までの小さい暖突だとちょっと温まりきらないので、
余っていた昔懐かしのひよこ電球を、これも再利用。
夏バージョンの人工飼料から冬バージョンの冷凍ミルワームの人工飼料和えに
食事メニューも切り替え、食欲はさらに旺盛です。

パンケーキリクガメのティンパニーは二度目の抱卵中です。
ちゃんと産めることを願いながら、経過観察中です。
初の産卵は2年前の12月。年内は様子を見たいところです。

もちろん、コザクラだっこちゃんとアカハライモリ一家も
元気な秋を過ごしています。





ニックネーム eri at 16:00| 爬虫類たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする