2016年11月05日

哺乳類の診療対象種を制限いたします(2017年〜)

獣医師の体調維持のため、2017年1月より

チンチラとハムスターをのぞく哺乳類について
一日にお受けする診療件数を制限させていただきます。

特に下記については新規の受付を年内一杯でお休みさせていただきます:
フェレット モルモット プレーリードッグ
(現在拝見している子につきましては継続して拝見いたしますが、
多頭飼育の子たちの同日健康チェックはできない場合がございます。)


診療中に眼や鼻の粘膜が腫れて視界を遮られたり臭いがわからなくなるため
診療自体に支障が出かねず、このような形を取ることにいたします。
そのため、哺乳類さんはご予約を取りづらくなると思います。
回復具合に合わせて診療をお受けいたしますので
ご協力お願いいたします。

*初めてのご利用を検討中のかたはこちらもお読みください:閉院準備について

ニックネーム eri at 00:00| 確認お知らせ/ご案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする