2009年01月29日

アガマの目覚め

サハラトゲオアガマの土筆と蒲公英は、
冬の間はシェルターから出てきません。
毎年11下旬から2月一杯は姿を見ることがほとんどありませんでした。

ところが今年は数日前から蒲公英が、
昨日あたりから土筆も出てくるようになってきました。
今日は土筆が早速蒲公英に追いかけられていました。

環境条件は同じままなので、
今年は春が来るのが早いのかな・・・?と
勝手に気象予報を楽しんでいます。

近日ご来院のかたは、苦手でなければ覗いてみてください。
久しぶりに二頭の顔をご覧いただけるかもしれません。
自分たちから診察を覗くようになるのは、もう少し先だと思います。


ところで昨日はつぶ(ブリュッセルグリフォン)の2歳の誕生日でした。
ご来院時に遊んでくださっている皆様には本当に感謝しております。
これからもオトナになったつぶをよろしくお願いいたします。

ニックネーム eri at 22:21| 爬虫類たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする