2010年12月15日

eriどうぶつ病院の12月*鳥編*

秋冬はセイキチョウとジュウシマツの
恋のシーズンです。

といっても、セイキチョウのヒナたちは
残念ながら育ちませんでした。
ヒナ孵化後に大バトルのあったルナゆき夫妻は
暫く別居していましたが、昨日再同居。
日頃ラブラブですが、いつもこの時期戦いが起こるのには
なにかこの種の習性に関係あるのかもと考えています。

CIMG2345.JPG
今月初めに孵化したジュウシマツ(3羽)と両親(木と香)でーす。
両親たちは勿論ですが、私が手を入れて触っても
口をぱかっと開けてゴハンクレクレ攻撃をします。
元気に大きく育っています。
このヒナたちの里親さんを募集いたします。
当院をご利用のかたか、そのご紹介のかたに限らせていただきます。
ご興味のあるかたはお問い合わせくださいね。
多忙時は対応をずらさせていただきますので、
はじめに「ジュウシマツの件」とおっしゃってください。
お話しやすい時間帯をご案内いたしますので改めてご連絡お願いいたします。

CIMG2323.JPG
こちらは昨年生まれた兄姉たちです。
カメラを向けると「キャー」と逃げますが、皆丈夫に育ってくれました。

CIMG2337.JPG
「触って」最近人に近づくことを楽しみ始めたはげです。
だっこちゃんの真似をして、すぐ手に乗りたがります。
CIMG2338.JPG
「ガキだな」
若い頃と比べると驚くほどクールになっているだっこちゃんです。
こちらが誘っても、全然遊んでくれません。
でも無理やり出すと、何かが切り替わるのか、甘えてきます。
最近は、はげの真似をしておもちゃに羽づくろいをしてもらっています。
私がやってあげるといっても「結構」というくせにです。
もう私を越してより大人になってしまったのかもしれません。

年末年始の決算地獄に向けて苦手な事務仕事に追われまくるこのごろの、
院内の動物たちの近況報告その1でした。

ニックネーム eri at 11:14| 鳥たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする