2011年05月05日

みどりとあそぶ

みどりがまぶしい季節です。
最近の休日は近所の公園散歩で新緑を堪能していましたが、
今日は、とり村へ行ってきました。
川辺も緑に覆われて、とても気持ちいい!

大きな鳥さんの部屋へ入ると、早速足元にお気に入りのIさまが。
来てくれてとてもうれしいのに、ちょっと寂しさも感じてしまいました。
初めてIさまにお会いした昨年、その横にはいつもIさまのストーカーが
セットでお得とばかりについていました。今、その姿はありません。

そのストーカー、現在は「体のサイズ」という壁に隔たれ(?)、
別のお部屋に収容されて、二人はずっと会えない状態でした。
あの二人の掛け合いをずっと見たかった思いがつい口からこぼれてしまい、
「二人は会いたくないかなあ、二人は会いたくないかなあ」と
ずっとぶつぶつ言っていたら、スタッフのNさまの特別な計らいで、
二人の面会を許可してくださいました。
P1030478.JPG「ひさしぶり」P1030486.JPG「おぼえてる?」
そんなみどりな二人がこちらです。
キエリボウシインコのIさまとコミドリコンゴウインコのOさまです。
ちびっ子部屋を訪問したIさまを即刻ロックオンしたものの、なかなか降りてこなかったOさま。
でも降りてきたらどんどん距離を縮めてきました。
P1030488.JPG「かもっかな〜」P1030487.JPG「あっこいつまで来たー、いっしょにかむ?」
私が他の子たちに目を奪われてうろうろしても、
Iさまが私の足元を追って決して離れないため、
Iさまのストーキングを久々に楽しむOさまも自動的についてきます。
足元半径50センチで常に繰り広げられる、二人のドラマがたまりません。
(注:よい子は裸足で訪問してはいけません。)

我が家の動物たちのドラマが連続ドラマなら、
お出かけ先の動物たちは映画を見せてくれているような感じです。
とても新鮮です。ぜひ多くのかたに味わっていただきたいです。

みどりがまぶしい季節。
足元のみどりにたくさん目を奪われたひとときのご紹介でした。

ニックネーム eri at 00:00| 鳥たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする