2012年07月17日

eriどうぶつ病院の初夏2012 〜鳥編〜

梅雨が明けましたね。

はげが精巣腫瘍で永眠し、早ひと月。
P1090769.JPGだっこちゃんとサイケの微妙な関係は続いています。
二羽の間でどちらともラブだったはげの取り持っていた距離が、
ゆっくり縮まっているのは確かですが・・・
P1090772.JPG「俺、サイケよりはお前のほうがいい」と
寄ってきてくれるようになっただっこちゃん。
「だっこちゃんがいるとご飯食えないから、くれ」と
ご飯を持っているときだけちょっと寄ってくるサイケ。
でも、少し食事を多めにあげると、二人の距離が一気に縮み、
寄り添っちゃったりしています。

目論見は、二つ。
@サイケに意地悪なだっこちゃんが、サイケに食事を与えないためだけに
一生懸命食べ、生来の食の細さを補う。
Aあるだけ食べるタイプのサイケが、だっこちゃんに妨害されて
あまり食べられず、程よい状態を維持する。

もちろん簡単ではありません。バランスを保つべく、
体調と体型と相談しながらやっています。
2羽とも程よい緊張感を楽しんでいる様子なので、
こちらも監視を楽しみながら調節して行きたいと思っています。

ニックネーム eri at 22:04| 鳥たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする