2012年12月24日

eriどうぶつ病院のクリスマスイブ〜鳥たち編〜

メリークリスマス!

秋に10歳になっただっこちゃんです。
P1130601.JPG「なにもかわらないぜ」
たまに柚子にちょっかいを出すのは子供の頃からの習慣です。

P1130802.JPG
だっこちゃんよりも昔から、柚子と同じ頃からここにいたクリスマスツリー、
あたたかな色で、いつも動物たちとご家族を出迎えていましたが、
老化が激しく、このクリスマスで退職します。
いままで可愛がっていただき、ありがとうございます。

P1130369.JPG「長い付き合いだった」


この春からだっこちゃんと暮らしているサイケ。
はじめは逃げ回っていてご飯も食べられなかったけど(それが狙いでした)、
今ではすっかり(威嚇しながらも)だっこちゃんと並んで食べてます。
食事中うるさくてスミマセン・・・。
P1130782.JPG「ここが一番好き(ゆるたちのケージの上)」

最近、一年間遊び倒したダンボールジムも新調しました。
P1130504.JPG
P1130503.JPG
頭の上にあるので、掃除中に気を抜くとダンボールカスが降ってきます。
P1130646.JPGジムから見下す見下ろすふたり

セイキチョウの母娘も元気です。
ルナが2月に急逝し、ゆるの養父母(ジュウシマツ)と同居中です。
最近、ゆるが新聞紙や青菜を加えて唄いながら踊ります。
女の子もするんだなぁ。
お婿さんを欲しいのかもしれません。
ゆきの夫の形見(?)DV痕の頭部ハゲは健在です。
ルナは何度となくゆきを血まみれにして来たどうもうな夫でした。
でも、抱卵期だけはラブラブな2羽のおかげで、
ゆるに逢うことができました。
ルナにもゆきにも感謝感謝です。
そして育雛期には凶暴に戻るルナのかわりに
ゆるを育ててくれた木と香(ジュウシマツ)にも。
いまや雑居状態なのでラブラブという感じはありませんが、
とても元気です。
P1130478.JPGなんだかいつも平和な4羽
ジュウシマツの子供たちはだっこちゃんたち同様
診察室に出勤していたこともあったのですが、
この4羽はまだ一度もないのです(ケージが大きいため)。
機会があったらお披露目したいなあ・・・難しいかな。
何か考えてみたいと思います。


今年ももうすぐ終わりです。
静かにゆく年を想い、よい年が来るのを、ゆっくり待ちたいです。
(でも実際は走り回っているのですが。)

ニックネーム eri at 20:45| 鳥たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする