2007年03月31日

◇ウサギの子宮疾患にみられる症状

気になる症状

 動物達の表情や行動にいつもと違うことがあった時、それは病気のサインかもしれません。よく初期に発見される症状をいくつか挙げてみました。(注:すべての症状が出るわけではありません。真逆の症状として発見されることもありますので、あくまで参考程度にご覧ください。)

◇ウサギの子宮疾患にみられる症状

 無症状で健康診断時に発見されたり、疾病予防・避妊目的のための子宮卵巣摘出手術時に発見されることも多いです。早期発見のきっかけになったもの、進行するまで症状がなく進行後最初に見つかった症状などを挙げてみます。

性格が変わった
抱っこが好きになった、逆に嫌いになった
尿の色が赤い
急に太った、逆に痩せた
顔色が変わった
おっぱいが張ってきた
座り方が変わった
歩き方が変わった  など  


ニックネーム eri at 00:00| 気になる症状 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする