2014年04月25日

第9回 ランちんちら談話会 最終お知らせ(終了しました)

4月29日12時より開催の第9回ランちんちら談話会ですが、
都合により参加人数が
「ヒト13〜14名&チンチラ5〜6頭」
となりました。
押し合い圧し合いしながら楽しく行いたいと思います。

当日は割り箸とマグカップをご用意いたしますが、
マイ箸、マイカップの持参を推奨いたします。
また、紅茶を数種ご用意いたしますので(緑茶もあります)、
ミルクと砂糖をご利用のかたは各自ご用意くださいね。
冷たい飲み物が良い場合も、各自ご用意お願い致します。

今回の私からのテーマは「としを感じる」です。
若い子は未来を想像し、ご高齢の子は昔からの変化を顧る、
可愛くて見掛けはそんなには(?)変わらないチンチラの、
年齢を感じる機会にしていただきたいと思います。

では、どうぞ気をつけてお越しください!

詳細はこちら

ニックネーム eri at 18:15| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月06日

動物種〜3月

2014年3月にご来院の多かった種は

1 セキセイインコ
2 チンチラ
3 ブンチョウ
4 ジュウシマツ
5 ウサギ/フクロモモンガ(同数)


でした。
ニックネーム eri at 07:10| 動物種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月04日

第9回ちんちら談話会開催のお知らせ(終了しました)

第9回ちんちら談話会を下記のとおり開催いたします。

とき  2014年4月29日 12時より
ところ eriどうぶつ病院診察室
対象  当院を利用されたことがあり、チンチラと暮らしている
    あるいは暮らされたご経験のあるかた(成人)と、
    健康なチンチラさん
    (近々チンチラをお迎え予定のかたもOKです)

ご興味のあるかたはお声掛けくださいね。
お電話の場合は、手短にご家族番号とお名前、参加人数をお願いいたします。

今回は一昨年から始まったランチんちら談話会です。
みんなで食べたいヒト用軽食やおやつをご持参ください。
テーマおよび参加人数は追ってお知らせいたします。

ニックネーム eri at 20:00| イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月06日

eriどうぶつ病院の冬の幕開け〜爬虫類+イモリ編

今年の東京の冬は、大の苦手の「雪」にずいぶん翻弄されました。

私も一月は怒涛の事務仕事、二月は喘息に翻弄された日々でしたが
(声帯炎で声の出ない間のご協力、本当にありがとうございました)、
先月中旬、外の大雪にもかかわらず
ホルスフィールドリクガメの子亀たち(金環&富士山)が
続々と活動を再開しました。
P1190992.JPG寝なかったのは誰でしょう〜。
冬の間も起きていたチームは順調に成長、
休憩していた子は成長も休憩していて、ちょっと大きさに差が。
同じケージにいても過ごし方が様々で、ドラマチックでした。
見比べてみてくださいね。

あとは大人ホルス(柚子、神輿、桂花)を起こすことが
冬の幕開け恒例のイベントですが、これもそろそろの予定です。
毎年冬眠箱からゴソゴソ音がしたら、屋外へ開放しています。


そして、パンケーキ夫妻(ティンパニーとオーボエ)も
活動時間が増えてきました。
彼らは朝夕が活発ですが、冬の間は数日に一度の活動でした。
これから夏に向けては活動頻度が上がるのに加え、
夕方の活動時間が延びてきます。こちらもお楽しみに。

ヒョウモントカゲモドキのはーちゃんと
オマキトカゲ夫妻(樅と柊)は冬も年中無休でのんびりしています
(ただし夜ですが)。
P1190716.JPG夫婦で入浴中。

昨年生まれたアカハライモリたちも元気に成長を続けています。
P1200032.JPGケージ掃除中の避難場所にて。
しっかりオトナと同じ形で、赤虫とペレットを食べています。
まだケージがプラスチックなので、移動可能です。
じっくり観察したいかた、お申し付けください。
喜んで診察テーブルへ移動いたします。


もう三月です、早いです。
気候の不安定もまだ続きそうですし、
花粉その他体に悪いものの飛散も続いています。
動物も、ヒトも、体調に十分気をつけてお過ごしくださいね。
(説得力がぜんぜんなくて、スミマセン……。)
ニックネーム eri at 23:41| 爬虫類たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月02日

動物種〜2月

2014年2月にご来院の多かった種は

1 セキセイインコ
2 チンチラ
3 ブンチョウ
4 ウサギ/ハリネズミ(同数)


でした。
ニックネーム eri at 10:51| 動物種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月01日

動物種〜1月

2014年1月にご来院の多かった種は

1 セキセイインコ
2 チンチラ
3 ブンチョウ
4 ウサギ
5 ホルスフィールドリクガメ


でした。
ニックネーム eri at 00:00| 動物種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

動物種〜12月&2013年通年

2013年12月にご来院の多かった種は

1 セキセイインコ
2 チンチラ
3 コザクラインコ
4 ウサギ
5 ブンチョウ/オカメインコ(同数) 

でした。

動物種の計数を始めて、これで丸3年になりました。
(開始時のブログはこちらです。)


今年は、夏に東アフリカを訪問しました。
多くの野生動物に遭遇する中、伴侶動物としても身近なヨツユビハリネズミとの出会いには他とは異なる感激がありました。
P1170192.JPG
夜明け前、まだ真っ暗なロッジの敷地内を一人散策していると
(相当怪しいらしく、すれ違うすべてのスタッフに停められ、何をしているか聞かれました)、
それは目の前にぽつんと立ち、こちらを見つめていました。
近づくと一目散に逃げてゆくのですが、
そこそこのスピードなので動画をまわしながらついてゆきました
(暗すぎて映っていませんでした)。
追いかけているうちに周辺が薄明るくなってきて、
野鳥の声が聞こえ始めました。

また、今年は院内では昨年に引き続きホルスフィールドリクガメが誕生しました。
アカハライモリも初めて産卵、無事孵化・成長を続け、
皆様にご覧いただくことができました。
アカハライモリは昨年尾瀬で多数観察することができ、
その頭で水槽内環境を整備しなおした直後の産卵でした。
たままたまかもしれませんが、大きな喜びでした。


ところで、
今年も年間の合計でもご来院数の多かった5種を算出してみました:

2012年にご来院の多かった種は

1 チンチラ
2 セキセイインコ
3 ウサギ
4 オカメインコ
5 ブンチョウ

でした。

これを数えていて気付いたこと・・・
爬虫類では、全体でも6番目に多かったホルスフィールドリクガメが
圧倒的に多かったです。
孵化した同種のカメたちを観察していただける機会をたくさん得られ、
とてもうれしかったです。

今年の診療は昨日で終了いたしました。
今年も一年、ありがとうございました。
どうぞよいお年をお迎えください。


追記
院内に掲示している
「環境保全と両立するオリンピックの開催のため葛西臨海公園カヌー競技会場計画の見直しを!」
のネット署名へはこちらから

ニックネーム eri at 11:12| 動物種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月01日

動物種〜10月&11月

ご報告が遅れましたので、まとめて掲載します。

2013年10月にご来院の多かった種は

1 チンチラ
2 セキセイインコ
3 ウサギ
4 ブンチョウ/ホルスフィールドリクガメ/ジュウシマツ(同数)

でした。また、

2013年11月にご来院の多かった種は

1 セキセイインコ
2 チンチラ
3 ウサギ/ブンチョウ(同数)
4 オカメインコ/サザナミインコ(同数)


でした。
ニックネーム eri at 07:04| 動物種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

動物種〜8月&9月

ご報告が遅れましたので、まとめて掲載します。

2013年8月にご来院の多かった種は

1 チンチラ
2 セキセイインコ
3 ホルスフィールドリクガメ/ウサギ(同数)
5 ブンチョウ/コザクラインコ/デグー(同数)

でした。また、

2013年9月にご来院の多かった種は

1 チンチラ
2 セキセイインコ
3 ホルスフィールドリクガメ
4 ミシシッピアカミミガメ
5 ブンチョウ

でした。
ニックネーム eri at 15:04| 動物種 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月28日

eriどうぶつ病院の夏〜両生爬虫類編

今年の夏も暑かったですね。
昨夏はホルスフィールドリクガメの初孵化に翻弄していましたが、
この夏はアカハライモリの孵化〜変態に踊らされて過ごしています。

その前に…
オトナたちはみんな、変わらず過ごしやすい(?)「夏」を満喫しています。

ホルスフィールドリクガメの柚子。
12〜13年前、我が家に来てすぐの頃、3回ほど嘴を研磨しました
(注:伸びた所を切ったのではなく、本来の状態に近づけました)。
おそらく我が家へ来る前はふやかしペレットを食べていた柚子なので、
不正咬合というより磨耗不全だっただけの彼の嘴は、
その後は順調に切れ味良くなっていましたが、
今年はとうとう(?)ブロッコリーの芯を普通に食べられるようになりました。
(注:もちろん他の2匹には普通のことです。)
P1150945.JPG上から神輿・桂花・柚子

ヒョウモントカゲモドキのはーちゃんは、
夏になり空腹モードで毎日練り餌の作成を催促してきます。
他の動物の朝のお世話を始めると、水槽内の私から見える位置に陣取り
手元をじ〜っと見つめます。
はーちゃんのご飯を作る道具(粉を練る匙2本)を手にすると、
水槽の一番私側へ寄ってきます。
ちなみに秋になると同じことをしても寄ってこなくなると思います。
P1180696.JPG「虫なら年中無休で喜ぶけどね」(注:脱皮中)


さて。
この春に生まれたアカハライモリたち。
3/21〜5/8に38個の卵を回収し、
4/17〜5/下旬に36〜37匹が孵化、
そのうち30匹が成長を続けています。
今月11日に26匹目が上陸し、その後も4匹はアホロートル状態です。
全員水生のうちにブラインシュリンプを卒業し、
現在は冷凍赤虫を食べています。
P1180701.JPGP1180702.JPG食欲旺盛だよ
難点は、保冷のために皆様にご覧いただけないこと。
大変かわいらしいのですが、秋までお待ちください。

そしてホルスフィールドリクガメ。
今年も桂花が5/25と6/19に産卵しました。
5月のクラッチは残念ながら音沙汰がありませんが、
6月のクラッチは26日に一匹目がハッチアウトしました。
P1180634.JPG富士山1号だよ、よろしくね。金環水槽にいるよ。
現在あと2個の卵が孵化中です。

朝晩はずいぶん涼しくなってきましたが、
残暑もまだまだ元気で過ごしてくれそうな両生爬虫類たちでした。

ニックネーム eri at 12:24| 爬虫類たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする